脇のにおいの悩みにはコレ!ボトックス注射で脇汗知らずに

スポンサーリンク

体質とは言え、脇からの大量の発汗は不快感が大きいものです。

まして、脇汗はにおいの発生源となるので更に悩みは大きくなります。

そんな時に力強い味方となるのが、ボトックス注射です。

 

市販の制汗スプレーでは不十分? 

4b23e602f9e2a83a6f59a2ecd8e877b9_s

 

制汗スプレーの使用である程度の対策は出来ますが、それは一時的なものでしかありません。

制汗スプレーが汗で流れてしまえば、効果は無くなるからです。

 

また、腋毛の処理が行われていない状態では皮膚に制汗スプレーが充分に密着できず、効果が発揮できない場合もあります。

女性の場合は年間を通じて腋毛の処理をされる方が多いですが、男性ではあまりつるつるの脇ではむしろ恥ずかしいということで処理をされない方がほとんどです。

全て剃らなくてもある程度を梳くだけでも蒸れを防げますし、制汗スプレーの密着度も上がります。

しかし、いずれにしろ汗で流れてしまう点では同じといえます。

 

最強の制汗威力!ボトックス注射が人気

5d1f4af9d0ea1c5daf3fe874d143cf7d_s

 

ボトックス注射を打つことで、脇汗はほぼ抑制できます。

脇汗自体をかかなくなるので、汗臭さに悩むことがなくなるのです。

軽度のワキガの方にも有効で、ワキガの原因であるアポクリン腺からの発汗も抑えられるため、結果としてにおいを防げます。

 

効果は半年~1年で15万円前後と決して安くはありませんが、処置自体は10分と短いので忙しい社会人の方にも無理なく続けやすいというのも人気の理由のひとつです。

手術でのアポクリン腺の除去は効果が半永久的というメリットがありますが、術後は10~2週間に渡って固定が必要なので、仕事や日常生活に支障が出てしまいます。

 

脇汗は気温の高い夏場に多くなるので、春~夏前にボトックス注射を打って乗り切り、涼しい時期は制汗スプレーで対応するという選択肢もあります。

 

制汗スプレーとボトックス注射のメリット

f434cd7d4c7d05748053606806d57893_s

 

両者で大きく異なるのは、ボトックス注射なら打ってしまえば日常のケアはほぼ何も無いという点です。

費用はかかるとはいえ、それで脇汗の悩みから開放される・痛みも無いのならば、身体的な苦痛も日常生活への影響も大きい手術よりもまずはこちらを選ぶ方が多いのも頷けます。

 

個人差はかなりありますが、繰り返しボトックス注射を打つことで汗腺が萎縮して汗が減る、においが少なくなるという例もあります。

汗の悩みは、悩んでいるだけでは解決しません。

そこから一歩踏み出して、ボトックス注射という選択肢を加えてみると視野が広がることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る