足の臭いの原因は靴の蒸れにあった!

スポンサーリンク

自身の足の臭いが気になるという方は少なくないのではないでしょうか。その対処法なども知りたいところですが、まずは足が臭ってしまう原因について探ってみましょう。

原因を知ることで、臭いに悩まされることもなくなるかもしれません。

 

靴下や靴も臭いの原因になっているから注意!

足が臭いのは、靴下に問題があることも考えられます。靴下をはいていることで、雑菌の繁殖が助けられてしまうケースもあります。それは、通気性や吸湿性が悪いと考えらえるストッキングなどをはいていることが挙げられます。

そして、足が湿ったままで靴下をはいている場合も理由となります。

 

さらに、スポーツなどをして多くの汗をかいた後も靴下を履き替えていない場合も理由の1つです。

 

また、靴の中で雑菌が繁殖するパターンもあります。

例えば1日中靴を履きっぱなしであれば足が蒸れてしまいますし、ゴムやビニールなどといった通気性の良くない素材の靴で蒸れている場合、毎日同じ靴を履き日常的にどんどんと雑菌が増えていっているというのも一理あります。

サイズの合わない靴でも蒸れは誘発してしまいます。

 

足がしっかりと洗えていない点も臭いの原因になる!

臭いの元凶となってしまう雑菌も、元来は皮膚にある常在菌であるとされています。要するに、足自体を清潔にしていないことこそが雑菌が増殖してしまう原因を作っていると言えるのです。

足を十分に洗えていなくて、古い皮脂や角質の汚れ、雑菌などがしっかりと洗い落とせていないというのが理由です。

その他に、運動もしくは気候といった問題により普段よりも汗を大量にかいている場合にも足が臭う可能性があります。

 

足の汗そのものの臭いではなく、汗と共に流れ出した老廃物が雑菌に分解されて臭いの原因を作っているとされます。

 

足の裏の汗も単独では臭いはしない!

足の裏は汗をたっぷりとかくものであり、汗の量は両足だと1日でコップ1杯分の200CCにもなります。夏場に大量の汗をかいた後に足の裏を嗅いでみたとしても臭いはしないと思われます。

 

上記の通り、汗は無臭であり汗が流れ出ると古い角質も一緒に流れ落ちるのでバクテリアやコリネバクテリウムなどといった細菌が角質をえさとして分解することにより繁殖して、嫌な臭いを発するのです。

古い角質や細菌など色々な要素が合わさって、臭いを生じさせているということです。

 

まとめ

足が臭うのは、靴下や靴によって蒸れることや足を洗うとしても古い角質や雑菌などをしっかりと洗えていない点も考えられます。

そもそも足は汗をかいただけでは臭わず、細菌が角質をえさとして分解するのが理由とされています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る