嫌な汗の匂い!その原因はどこにあるか?

スポンサーリンク

汗の匂いは嫌なものです。できれば臭わないで欲しいものではないでしょうか。汗の匂いというのはどうして発生するのかという点について疑問に感じている方もいることでしょう。

そこで今回は、汗の匂いの原因について探ってみたいと思います。

 

不衛生さや汗をあまりかかないことも原因

汗臭さの代表と言えば、皮脂や垢などといった汚れや皮膚表面の細菌が原因となっています。一般的に汗というのは無菌状態で匂いもないとさえていますが、皮膚の上に長く留まっていることにより汚れと混ざってしまい、細菌のエサとなり分解されます。この際に発生する分解臭が、強い汗の匂いを発生させるのです。

 

それに、汗をかいて皮膚が高温多湿となることで細菌がより繁殖しやすくなってしまうので汗の匂いの原因も増加していくこととなります。

日常的に運動をしない方や冷房の効いている部屋にいる方は汗をかく機会自体が少なく、汗腺機能が低下している可能性があります。汗腺が衰えると上手に全身より発汗できなくなり、顔やワキなどといった特定の部位だけに大量に汗をかくようになってしまいます。

 

さらに汗と共に不純物が出るために、べとつく汗になり匂いが強くなりやすいです。

 

疲れたりしていても臭う汗が出るかもしれない!

お仕事などが忙しく、睡眠不足であったり精神的や肉体的にストレスが溜まっていると、思いがけず汗の匂いを発することがあります。ストレスで血行が悪くなり、肝臓などといった内蔵機能が低下したりすると、『疲労臭』と言われるアンモニア臭を伴う汗をかくことがあるのです。

 

スポンサーリンク

また、暑さに関係なく突然に多量の汗を噴き出してしまう『精神性多汗症』と言う症状が現れるケースもあります。こうした発汗においては、ミネラル分が再び吸収されるのが追い付かなくなるため、臭くなりやすくべたべたした汗が出る可能性があります。

 

脂っこい食事や反対に無理なダイエットは汗を匂わせる

汗はいつもの食生活も関わってきます。肉類や揚げ物などといった脂っこい食事は汗に皮脂やアンモニアが混じり、排出されやすくなるために汗がすぐに匂ってしまいます。

それに、こうした食事は汗をかきやすくしたり、皮脂分泌を増加させてしまったりするために余計に汗臭さが増幅されます。

 

反対に無理な食事制限のダイエットを行うことでも、血行不良になってしまいます。血行不良は血液の乳酸を増やすので、アンモニアと結びつき汗を臭くさせてしまいます。

 

まとめ

不潔にしていたり運動しないなどあまり汗をかかない方は汗が匂ってしまう原因となります。また、疲れていたりストレスを抱えていても、血行が悪くなりそれが汗の匂いを引き起こします。

さらに、食事面も重要であり脂っこい食事や無理なダイエットも汗の匂いに関わってきます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る