そこがポイント!子どもの足が臭い原因はなんだろう

スポンサーリンク

 

子どもの足が臭いというケースも意外とあるものです。足のニオイというのは大人だけの問題ではないということです。では、子どもの足が臭くなってしまう原因とは一体どこにあるのでしょうか。

 

 汗や皮脂を雑菌などがエサとすることでニオイ物質が分泌される!

足のニオイというのは、遺伝的な要素よりも環境が原因となることがあります。よって、原因を突き止めてそれを改善していく必要があります。

子どもの足がにおうのは大人と変わらずに足の汗や角質、皮脂などをエサとして繁殖をしてしまった雑菌やバクテリアがニオイ物質を分泌することで足が臭くなるのです。

 

イソ吉草酸』というニオイ物質であり、場合によっては納豆のようなニオイになるケースもあります。子どもだと成長ホルモンが盛んに分泌していて新陳代謝が活発なので新しい皮膚と古い皮膚のターンオーバーが早いので雑菌のエサになる垢がでやすいことや多くの汗をかいてしまいがちです。

それらの原因によって足が臭ってしまうと考えられます。

 

水虫などの病気も原因になっている可能性あり!

子どもの足のニオイは病気である可能性もあります。その中の水虫も気を付ける必要があります。

水虫は成人男性というイメージがあるかもしれません。しかし、女性や子どもであっても水虫にはなります。

 

水虫も間接的ではありますが足のニオイの原因になります。そのため、ご家族に水虫の方がいたり既に子どもに水虫の症状が出ているなら専門医に相談するのが大事になってきます。

また他の原因として、多汗症も原因の1つに考えられます。

 

スポンサーリンク

濡れた靴などにも注意しなければならない!

雨などで靴が濡れてしまうことがあるでしょう。そういった場合にそのまま放置してしまったりすると細菌が増殖してしまいニオイを発してしまいます。また、靴下にも注意が必要です。

 

どれだけ靴を綺麗に洗い乾燥をさせたとしても靴下が乾ききっていなければ意味がありません。

なので、生乾きの靴下は履かせないようにするのがベストです。汗で湿ってしまった靴下を替えられるように用意などをしておくとより便利です。

 

まとめ

足のニオイは、足の汗や皮脂をエサとして増殖した雑菌やバクテリアがニオイ物質を出すことで発生します。

また、水虫が間接的にニオイの原因となる可能性もあります。

 

さらに、濡れた靴は細菌が増殖してしまうので悪臭の元となります。

ですから、しっかりと乾かすのが大事です。

これは靴下も同様です。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る