多汗症とワキガとその差知ってる?どう違うのか

スポンサーリンク

 

多汗症とワキガという2つの症状がありますが、どちらも似ているようにも思えるものの一体どういった違いがあるのか分からないという方もいるかもしれません。

そこで今回は、多汗症とワキガの違いについて探っていきたいと思います。

 

多汗症は臭わずワキガは雑菌によって臭うことがある

ワキの下に多くの汗をかいて、それが臭ってしまうとワキガだろうかと心配になってしまうかもしれません。

 

とは言え、ワキの下の大量の汗はワキガではなく多汗症である可能性があります。多汗症は汗を大量にかく症状であり、ワキガとは全く異なるものなのです。

多汗症の汗はエクリン汗腺からでていて無色透明でさらさらしています。水分が99%で1%の塩分も含まれて臭いはありません。

 

一方のワキガは汗がアポクリン汗腺から出ます。この汗も元は臭いがありませんが、脂肪やたんぱく質が含まれているために、皮膚表面に出ると常在菌や色々な雑菌と結びつきワキガ臭となるのです。

 

ワキガと多汗症は併発する恐れがある!

ワキの下が臭うようだからワキガだと決めつけるのは良くありませんし、ワキの下に大量に汗をかくから多汗症だと判断するのも早いのです。

多汗症の場合でも、汗をかいてからずっと放置しておくと臭ってきます。

 

それに、清潔にしていなければワキガ臭にも似た臭いを発してしまうでしょう。ワキガと多汗症は併発することもある点を覚えておくのが大事です。

軽めのワキガだった方が、多汗症となってしまい大量の汗をかくことで臭いが広がり重いワキガとなってしまうケースもあります。

 

ワキガと多汗症はどうやって判断する?

ワキガや多汗症の見分け方について見ていきたいと思います。

まず、両親にワキガの方がいるのかがポイントになります。親のうち片方や両方にワキガがあるなら遺伝して本人もワキガがある可能性は考えられます。

 

また、ワキガの汁が乳白色をしているためシャツが黄ばむ点もチェックポイントです。さらにワキガの方はベタベタした耳垢が出ます。

そして、ちゃんと洗っていても強烈な臭いがするならばワキガであると思われます。

 

もし正確な判断ができないというならばクリニックで相談するのも一案です。

 

まとめ

多汗症の汗はエクリン汗腺から出るものでニオイはありません。ワキガの汗はアポクリン汗腺から出るもので、脂肪等が雑菌と混ざるとニオイを発します。多汗症とワキガは併発する可能性もあります。

さらに、親がワキガであったら自身もワキガであるケースもあります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る