人に知られる前に!?自分でワキガチェックしよう

スポンサーリンク

 

誰しもワキガにはなりたくないものだと思います。自分で気づかずに人にワキガだと思われてしまうのも避けたいのではないでしょうか。それならば、人に気づかれてしまう前にワキガをセルフチェックできれば安心です。

そこで今回は、ワキガを自分でチェックする方法について探っていきたいと思います。

 

耳垢がベタベタしていたら要注意!

ワキガのある方の耳垢は、多くが柔らかさがあり湿っているという特徴を持っています。耳垢には乾燥している『コナ耳』と、『アメ耳』という湿っているものがあります。

 

ワキガの方の場合は、アメ耳である傾向があるのです。

 

なぜかというと、耳の中にワキガの原因となるアポクリン汗腺が多いからです。耳の中に多いということは、すなわちワキの下にも多いと考えられるのです。

それに、アポクリン汗腺は毛根の入り口近くにあるので、耳の中の毛が太くて多いかどうかも確認する必要があります。

 

服のワキ部分に黄色のシミはできていませんか?

もしも、白の洋服もしくは下着のワキ部分が頻繁に黄ばむという方は、もしかしたらワキガかもしれません。

これは、アポクリン汗腺から出る汗が原因となっています。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などといった臭いの元となる物質を含んでいて、少し粘り気のある汗となります。

 

こうした成分が付着し、黄ばみやシミができるのです。

とは言え、制汗剤を使ったことなどで黄ばんでしまう可能性もあるので、ワキガチェックをするのであれば制汗剤などは使わないのが無難です。

 

ワキ毛の濃さは関係あるのかも知っておこう

まず、ワキ毛が多いからと言ってアポクリン汗腺が多いとも言えません。また、性別によってアポクリン汗腺とワキ毛の関係は異なる点も知っておかなければいけないでしょう。

 

女性なら、毛がしっかりとした太さをしていて1本の毛穴より2本の毛が生えているという方は、アポクリン汗腺が多いと見られワキガであると考えられるのです。

男性であれば、猫みたいに柔らかなサラリとしたワキ毛が広い範囲に生えている方がアポクリン汗腺が多いとされています。

そして、アポクリン汗腺はワキの下だけでなく陰部や肛門、乳輪にも存在するため、こうした部位に毛が生えているかどうかも目安としてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ワキガかどうかは、耳垢でもチェックできます。湿っている場合がワキガである可能性があるので、注意が必要です。また、服のワキの部分に黄色いシミができていないかもチェックポイントになります。

さらに、性別によりアポクリン汗腺とワキ毛の関係は異なります。女性の場合しっかりとした太さがあり、1本の毛穴から2本の毛が生えているなら、ワキガの可能性があります。男性であれば、柔らかなワキ毛が広い範囲に生えていればアポクリン汗腺が多いと見られます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る