なんで!?足が臭い原因について探ろう

スポンサーリンク

 

足が臭いのは自分でも嫌なものだと思います。しかし、たまに臭うなと感じることもあるでしょう。

では、足が臭いのはなぜなのでしょうか。

そこで今回は、足が臭い理由について迫っていきます。

 

足の裏の汗や角質も臭いの原因になる!

足の裏には、足の甲の倍ほど、背中と比べると5倍から10倍ほどの汗腺があるとされ、元から汗をかきやすい場所ではあります。

足の裏は1日で約コップ1杯分の汗をかくとも言われ、このかいた汗を放っておくと汗が皮膚常在菌により分解されて、臭いに繋がる可能性があるのです。

 

さらに、足の裏は全体重を支えなければならず身体の中でも特に角質層が厚くなっています。

肌の一番外側にある要らない角質はいずれ垢となり剥がれ落ちるのですが、角質層がとても厚くなっている足の裏は垢の量も各段に多くなります。

 

剥がれた垢は、汗と同様に常在菌に分解され臭ってきてしまいます。

 

靴なども原因になるし精神的な要因もある!

一般的に足は、長時間にわたり靴下もしくは靴で覆われているものです。通気性が悪ければ足の温度も上昇してしまい、かいた汗も靴や靴下の中に籠りやすくなってしまいます。

蒸れていると角質層がより剥がれやすくなるとも思われます。

 

それに、常在菌は高めの温度を好む傾向にあるので分解されて臭ってくるのです。その他にも精神的な要因も考えられます。

緊張すると手のひらに汗をかくと言いますがそれは足も同じです。

スポンサーリンク

 

汗を気にすれば、それだけ汗をかいてしまう症状です。しかし、靴を履くとなると蒸れてくるものなので臭ってきてしまいます。

 

性別や子どもで足が臭う原因は異なるの?

男性の場合は女性に比べて汗をかきやすいものです。仕事上、ずっと革靴を履いているケースも多いかもしれません。

場合によっては1日中である可能性がありますし、もしかしたら毎日同じ靴を履いている方もいるでしょう。それが臭いを生んでしまいます。

 

女性はタイツやストッキングも原因になります。

それは、タイツなどが蒸れやすい素材でできているからです。ヒール靴など足をぴったりと覆うような靴を履いているのも臭いに繋がります。

 

子供の場合なら成長も早いためすぐに靴の大きさが合わなくなるのも原因になり得ます。靴が足に合っていないと足が緊張してしまい、汗などといった老廃物が余計に排出され、蒸れる理由となります。

 

まとめ

足の裏は汗をかきやすくその汗や角質が足の臭いの原因になる可能性があります。また、靴下や靴をずっと履いているケースも多いため、通気性が良くないと汗なども籠りやすく臭いに繋がります。

 

さらに、性別によっても足が臭う原因は異なりますし、子供も靴が合わないなどの理由が挙げられます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る