あなたは大丈夫?ワキガの女性にはどんな特徴があるのか

スポンサーリンク

 

考えたくないことではありますが女性でもワキガの方はいるかもしれません。そのため、ワキガの女性はどういったものなのかを知りたい方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ワキガの女性にはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

 

男性よりもアポクリン汗腺が多いのが特徴!

ワキガに繋がってしまうアポクリン汗腺は生後すぐに数が決まっているものですが、その数が男性に比べて女性の方が多いと言われています。そのため、思春期を迎えて女性ホルモンが活発に分泌されるようになると体臭だけでなくワキガも強くなります。

 

脇の臭いはフェロモンであるという見方もありますが、妊娠が可能となるからだになりワキガを発症してしまうとも思われます。生理中に体臭が強くなったりするのもホルモンの影響である可能性があります。

 

女性は皮下脂肪が多い点もワキガの特徴になる

女性の持つ体のラインというのは皮下脂肪で作られているのをご存知でしょうか。見た目のスタイルにも関わってくる皮下脂肪は女性に多くつきやすいものです。

皮下脂肪はエネルギーを貯蔵したり発散してくれますが、つき過ぎてしまうとスタイルが悪くなりますし、内臓脂肪もつきやすくなります。

 

更年期以降なら特に皮下脂肪がつきやすい上に落ちにくくなり、ワキガが悪化するケースがあります。肥満の方の方が痩せている方に比べてワキガが多いのは、皮下脂肪が多くついている点も起因していると考えられます。

 

食生活やストレスも特徴の1つになっている!

男性の方が女性よりも脂質の多い食事を好む傾向にあるとされますが、この頃では女性も肉食になってきていて脂質の多い食事を好むようになっています。それに、女性はスイーツなども好きなものです。

 

スイーツには動物性脂質がふんだんに使われていて摂取し過ぎるとアポクリン汗腺を刺激し、汗が多く分泌されるようになります。さらに、昨今では女性も社会進出していますが、それに伴いストレスも多くなってきています。

仕事や対人関係に加えて、家事や子育てなどストレスを感じる時間が増加し、アポクリン汗腺が刺激されてしまうと考えられます。

 

まとめ

女性は男性よりもアポクリン汗腺が多いのがワキガの女性の特徴の1つです。また、女性は皮下脂肪が多いのもワキガの特徴に挙げられます。

さらに、食生活が肉食になってきている点やストレスを多く受けるようになっているのも、ワキガの女性の特徴になります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る