ワキガの元になる!アポクリン汗腺とはなんだろう

スポンサーリンク

 

ワキガが起こる原因はアポクリン汗腺から出る汗だとされています。しかし、アポクリン汗腺とはどういったものか知らない方も多いかと思います。

そこで今回は、アポクリン汗腺についてスポットを当ててみましょう。

 

エクリン汗腺とアポクリン汗腺はどう違うの?

エクリン汗腺は全身にある1平方センチに100個以上もあるという小さな汗腺です。体温調節を主として行っています。

エクリン汗腺からの汗は99%ほどが水分であり残りの1%は塩分や尿素、アンモニアが含有されています。

 

ほとんどが水分なのでニオイはありません。一方のアポクリン汗腺はワキの下や陰部、耳の中など限られた部位にのみあります。汗は白っぽく粘り気があり、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなどが含まれています。

 

こうした成分が常在菌で分解されると、ワキガのニオイがしてきます。

 

誰でも持っていて汗腺の数が多い方は臭いが強い

アポクリン汗腺は誰にでもあるもので皮膚の裏側で粟粒みたいに並んでいるのが特徴です。そのアポクリン汗腺にワキガとなる方とならない方がいるのはなぜか気になるでしょう。

 

その違いは数と大きさにある点を覚えておきます。臭いが強くなってしまう方は通常はアポクリン汗腺の数が多くて、ひとつずつの大きいものなのです。数は生まれつきであり、大きさについては男女関係なく思春期を迎える頃に大きくなるとされています。

 

実はフェロモン?アポクリン汗腺からの臭いのひみつとは

アポクリン汗腺があるからワキガの人もいるのだと思われて、良くないもののように言われるアポクリン汗腺ですが元はというと異性を惹きつけるフェロモンにもなっていました。

 

人間がまだ進化を続けていた時代には動物は種の存続や遺伝子が偏らないようにするために、自身とは異なるニオイに惹かれる習性を持っているものなのです。

ニオイは相手を確認する手段にもなっているのです。

 

人間の嗅覚が退化したのでアポクリン汗腺も少なくなっていきました。それに性的なシグナルも臭いから見た目に変わっていったので、臭いは好かれないようになっていったのでした。

 

まとめ

エクリン汗腺は99%が水分でありニオイを発しませんがアポクリン汗腺はワキの下などにあり、アンモニアなどの成分が常在菌で分解されるとワキガとなります。

アポクリン汗腺は誰にでもあるものですが、臭いの強い方はアポクリン汗腺の数が多くてひとつずつの粒も大きいのが特徴です。

 

さらに、アポクリン汗腺からの臭いは元々は異性を惹きつけるフェロモンでもありました。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る