必見!ワキガの黄ばみはこうやって落とそう

スポンサーリンク

 

ワキガの方は服に黄ばみができてしまうことがあると思います。その黄ばみは残しておきたくありませんし、人には見られたくないものでしょう。そこで今回は、ワキガの黄ばみについて落とし方を考えていきます。

 

まずはワキガで服が黄ばんでしまう理由を探ろう

ワキガの元となるアポクリン汗腺からは、いろいろな脂質や脂肪酸、タンパク質、ステロイドなどといった汗として分泌されます。『リポフスチン』という色素成分も中には混じっています。

 

衣服にリポフスチンが付着することにより服が黄ばんでしまうのです。ワキガである方はアポクリン汗腺の量も多いため、リポフスチンも多く分泌されることとなり、服の脇部分に色素を作ってしまいます。

 

リポフスチンによる色の付き方には個人差があり、日本人なら茶褐色から薄い黄色となるのが多いです。

 

ワキガの黄ばみは重曹で落とすことが可能

ワキガの黄ばみを取るなら重曹を用いるのがおすすめです。重曹は『炭酸水素ナトリウム』というのが正式名称であり、アルカリ性の粉末状になった物質です。

重曹には漂白効果があるのですが500ミリリットルのペットボトルなどに水を入れて、そこに大さじ1杯程の重曹を入れて振り溶かします。

 

できた重曹水を洗面器等にあけて、服の黄ばんでしまった部分をそこに1晩浸けておくのです。その後には、通常通りの洗濯を行います。

スポンサーリンク

 

重曹と漂白剤を合わせて使うと黄ばみも取れるかも!

重曹と漂白剤を合わせて使えば、より綺麗にすることができます。

ワキガによる黄ばみは他の黄ばみとは異なるものです。皮脂汚れによる黄ばみは漂白剤で落とせますが、ワキガによるものはリポフスチンが原因であるため漂白剤だけでは落とせません。

 

そこで、重曹と液体酸素系漂白剤をミックスした方法で黄ばみを取れるので試してみてはいかがでしょうか。まず小皿などに重曹を少し入れて、それに液体酸素系漂白剤を1対1の割合になるように入れて混ぜます。

 

液ができましたら、それを塗ってスチームアイロンのスチームを当てるのです。それから、いつも通りの洗濯をしましょう。

 

まとめ

ワキガの黄ばみは、リポフスチンが原因となっています。

黄ばみを取るなら重曹を用いるのがポイントであり、さらにもっと綺麗にしたいなら重曹と漂白剤を合わせて使うのがカギとなります。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る