実は病気が隠れている?体臭の原因は病気の可能性

スポンサーリンク

 

どんなに体を清潔に心がけていても、加齢臭や汗臭いのとも違う体臭が気になるという方は病気が原因の場合があります。

胃や腸の病気や糖尿病がその代表で、常に自分自身からそのにおいが発せられているので臭いという自覚症状が出にくいのが特徴です。

 

 

胃や腸の病気が原因の体臭

975ba28c1886cb1d2e2d292763d04fe2_s

 

腐った玉子や、生ごみのようなきつい臭いで、年齢性別問わず発生します。

口臭として出る場合が多く、対人関係の障害となる場合も。

胃潰瘍や胃炎十二指腸潰瘍といった胃腸の病気の可能性があり、症状が重いほどにおいがきつくなる傾向があります。

 

消化不良によって胃や腸で食物が停滞してしまい、発酵することで腐敗臭が起こるのですが、そのにおい物質は腸から吸収され血液に溶け出してしまいます。

そして、肺から二酸化炭素が排出される際に一緒に体外に出るので、口臭として表面化するのです。

便秘などで腸内環境が悪い場合にも、老廃物や腐敗臭を腸から再吸収してしまうため、血流を通して全身に運ばれてしまい体臭へと繋がります。

 

 

糖尿病が原因の体臭

503e2d9fdfe0311af5e56c5162979887_s

 

体臭が甘い・甘酸っぱい、またはアセトンのようなにおいになります。

糖尿病のためインシュリンが不足して糖の分解が滞り、変わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作ろうとする事が引き金になります。

燃焼する際にケトン体という非常に臭う物質が発生し、それが血流に乗って全身に運ばれることで汗や呼気からケトン臭が出るのです。

 

においから病気を発見するのは自覚症状が出にくいため難しいかもしれませんが、胃腸の病気や糖尿病を患っている方は、においに気をつけた方が良さそうです。

におい対策として病気の治療はもちろんですが、最近ではさまざまな体臭ケアサプリメントが発売されているので活用するのも良いですね。

 

 

体臭はデリケートな問題

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s

 

だからこそ、一歩進んだ早めの対策が重要です。

一見健康そうでも、もし家族の体臭にこの様な異変が現れたら体調面を気にかけてあげるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る