手術だけじゃない!ワキガにはボトックス注射も有効

スポンサーリンク

 

ワキガの治療と言えば、少し前までは手術がメインでした。

しかし、今ではボトックス注射に人気が集まっています。

手術の痛みが無い、日常生活にすぐ戻れるといった利点が、需要が伸びている理由です。

 

 

効果は高いけど負担も大きいワキガの手術(切開法)

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

 

ワキガ手術とは、特有のにおいの原因となるアポクリン腺を脇の皮膚の切開をして目視でひとつずつ切除するというものです。

金銭的な負担・肉体的な負担が大きいのが問題で、手術跡が癒えるまで約10日の固定が必要なため日常生活に支障をきたしてしまいます。

しかし効果は高く半永久的に持続するので、程度が酷い方には手術がおすすめです。

 

 

施術は10分、手軽なボトックス注射

75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_s

 

ボトックス注射ならば、10分程度の処置で痛みもほぼありません。

効果は半年~1年と個人差はありますが、夏場をメインでにおい対策をしたい方、手術は怖いという方にとっては非常に向いています。

また、繰り返し注射することでアポクリン腺やエクリン線が萎縮して、持続期間が長くなってきたり、においが弱くなってくる傾向があります。

程度が軽~中度の方は、肉体的な負担の少ないボトックス注射をおすすめします。

 

 

ボトックス注射のメリット・デメリット

0b7b3d474bfe454dce177176472f538d_s

 

メリット:ボトックス注射によってにおいを抑制

汗を発するアポクリン腺(ワキガ特有の汗腺)とエクリン腺の働きをボトックス注射の効果により抑制します。

汗自体をほぼかかなくなる為、においも発生しにくいのです。

注射なので処置は10分と短く、数日で効果が出てきます。

 

デメリット:効果が半年から1年と期間限定であること。

そのため3~4回と連続で注射を打つのであれば、金額的には手術よりも高くつく場合があります。

また、重度のワキガの場合はボトックス注射だけでは充分な効果が得られない場合もあるので、カウンセリングの際に確認しましょう。

 

手術のように脇を10日程度固定するという不自由や、周囲の人に気付かれないで処置できると言う気安さも、ボトックス注射の魅力と言えます。

ワキガで悩んでいるという方は、まずはボトックス注射から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る