足の臭いを解消するなら靴の手入れも大事!

スポンサーリンク

 

日常的に履いて外出をする靴も臭ってきてしまうものです。足の臭いを改善するならば、靴の手入れをするのも大事なことです。

では、臭いを消すためにはどの様に靴のケアをすべきなのでしょうか。

 

今回は、靴のケア方法について見ていきましょう。

 

靴は3足をローテーションして履きまわそう!

まず、靴は毎日同じものを履かないというのが鉄則です。足というのは、1日にコップ一杯分の汗をかいているものです。

1日中履いている靴ならば、そのコップ一杯分の汗が染み込んでしまっていることになります。

 

よって、毎日同じ靴を履くのではなく靴も休ませてあげるのも必要なのです。

 

汗などといった水分が飛んでしまうまでは、2日間ほどは空けるのが望ましいです。しっかりと乾燥させて、雑菌が繁殖できないようにすることが、臭わせないポイントとなります。

 

なるべく、ローテーションで3足ほどを履きまわすのが望ましいです。

 

靴の消臭なら重曹消臭剤を作って入れておくのも方法!

靴と言ってもスニーカーなどは洗えますし、天日干しをして清潔にできます。しかし、革などの靴は素材の面でそうもいかないでしょう。

そうした洗えない靴に関しては重曹を用いて消臭をする手段があります。

 

スポンサーリンク

重曹というのは消臭作用や吸湿作用があります。そうしたことから靴および靴箱の消臭も叶えられるのです。重曹消臭剤を作るなら、まずボウル等に重曹を入れて、アロマオイル1滴垂らしてスプーンなどで混ぜるのです。

 

それを使い古したストッキングに入れて、零れてしまわないように口を縛りましょう。そして、シューキーパーのように靴の中に入れておきます。アロマで抗菌作用があるのはティーツリーやラベンダーなどがあります。

 

靴の臭いを消してくれる嬉しい粉も売られている!

靴の臭いを消してくれるという、嬉しい粉も販売されているのを知っているでしょうか。パウダー状の粉を靴の中に入れておくだけで、臭いが嘘のように消えてくれるという優れものです。

 

その名は『グランズレメディ』という商品であり、雑誌などにも多く取り上げられているほどです。高い消臭効果のある天然成分が使われているパウダー状の商品であり、靴の中に入れたならそのまま履くことも可能です。

さらに、そのパウダーはイヤな臭いと共に消えていくという不思議さもあります。ただ、粉を入れた直ぐ後に履くとやはり粉が靴下に付いてしまうことがあるため、注意が必要です。

 

 

 

まとめ

靴は毎日同じものを履くと汗が染みてしまったりするため、3足ほどを履きまわすのが、臭い防止に繋がります。

 

また、抗菌作用のあるアロマを含んだ重曹消臭剤を作り靴に入れておくのも1つの方法です。

それに、靴の臭いを消してくれる粉も販売されているので、活用してみるのはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る