それってどんな症状?臭汗症とはどんなものか

スポンサーリンク

 

臭汗症という症状をご存知でしょうか。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、この症状で悩んでいる方もいるのです。

そこで今回は、臭汗症についてどういったものなのかについてご紹介したいと思います。

 

アポクリン汗腺からの分泌物などが分解して体臭過剰になっている

臭汗症というのは細菌および,酵母がアポクリン汗腺からの分泌物や細胞片を分解して,体臭が過剰や異常となっている状態を指します。アポクリン汗腺は脂質が豊富であり、無菌なうえに無臭なのですが分解されることで臭いを発してしまうようになります。

 

エクリン汗腺という汗腺の場合は大体が水分となっているため、エクリン汗腺から出る汗自体はさほど臭いません。

例えば足が臭ってしまうのは、エクリン汗腺からの汗が過剰となることから足裏の角質がふやけ、細菌が繁殖するのが原因とされています。

 

手に汗をかいているなら足にもかいている可能性あり!

足も手のひらと同じく、交感神経の活性化により汗が出ます。手のひらにじっとりと汗をかいている時には、足にも汗をかいていると考えられます。

先述のように、エクリン汗腺からの汗は無臭なのですが、皮膚にいる細菌は湿度が高いと活発になり、角質がふやけてたんぱく質や皮脂を栄養素として繁殖します。

 

ちなみに、足の臭いが強いケースでは足臭汗症と呼ばれます。汗腺から分泌されるものを皮膚の常在菌が分解してできたものが、足の臭いを生みだすのです。

 

汗かきの方が足の臭いが気になるというパターンが多く、足の臭いも強い傾向にあり、それは生活環境が影響していると考えられます。

スポンサーリンク

 

臭汗症はどういった原因があり生活上の注意点はどこにある?

臭汗症を発症する原因となるのはアポクリン汗腺より分泌される汗です。アポクリン臭汗症は不衛生である皮膚や衣類が原因となっている点も知っておきましょう。

臭汗症の分類は、腋下臭汗症や足臭症、陰部臭汗症などが挙げられます。

 

臭汗症の場合の生活上の注意点は、皮膚を常に清潔にしておくことや皮膚を保湿するようにして乾燥させないことなどが該当します。

そして、適度な温度や湿度にするようにしたり衣類に関しては刺激の少ないものを選ぶこと、ストレスを解消すること、部屋を綺麗に維持することなども大事になってきます。

 

まとめ

臭汗症とは、細菌等がアポクリン汗腺からの分泌物などを分解し体臭が過剰になっている状態です。

足の臭いが強いケースでは足臭汗症と呼ばれます。

 

臭汗症は清潔でない皮膚や衣類が原因となっている可能性があります。

いつでも、皮膚を清潔に保つことも大事なのです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る