これも大事!足の臭いを改善する方法を知っておこう

スポンサーリンク

 

足が臭いと、自分自身も不快でしょうし他の人にまで不快な思いをさせてしまう可能性もあります。そうならないためにも、足の臭いは自身でもしっかりと対策していくのが大事になってきます。

 

そこで今回は、足の臭いを改善する方法について迫ってみたいと思います。

 

足の臭いはしっかりと洗って取り除こう!

足の臭いを消すなら正しい足の洗い方を把握しておくのも手段です。

 

まず、足を洗う前に湯船に浸かりましょう。もしもシャワーだけならば、頭を洗っている間に洗面器にお湯を張ってその中に足を入れておきます。

じっくりと3分間ほど浸けるのがポイントとなります。

 

続いて、石鹸を泡立て手を使って優しく足全体を洗います。

特に雑菌が繁殖しやすい部分は指の間なのをご存知でしょうか。そして爪の間も汚れが溜まってしまう部分なのでブラシなどを用いて綺麗にするのが大事です。

 

泡を洗い流したならタオルを使い優しく拭き取ります。足がきちんと乾くまで待つのがカギです。

 

足を洗う石鹸なら殺菌成分のあるものを選ぶのがポイント!

足を洗うなら通常の固形石鹸やボディソープではなく、殺菌成分の含まれる石鹸を使うのが推奨されます。ボディソープだと保湿成分が入っているので、足がしっとりとなり靴下や靴を履いた場合に蒸れる可能性がるからです。

 

成分として殺菌効果のあるものは、アクネ菌やマラセチア菌にも効果があり、ニキビケアにもなるというイソプロピルメチルフェノールが挙げられます。また、グラム陽性菌について効果的とされるトリクロロカルバリニドも該当します。

スポンサーリンク

 

その他には、柿渋エキスや緑茶エキスの配合されたデオドラント効果のある石鹸を使う手段もあります。

 

臭いの予防ならミョウバン水を作ってスプレーするのも一案!

体臭を予防する効果があるという点でミョウバン水も知られています。材料も費用がさほどかからずに、手作りできる消臭スプレーをご紹介しましょう。

材料は、焼きミョウバンが5グラムと水道水が150ミリリットル、空のペットボトルが1本のみです。

 

焼きミョウバンと水道水を1対30の割合で作ります。作り方は、まずペットボトルに焼きミョウバンと水道水を入れます。それから良く振って混ぜ一晩放置してできあがりです。

 

翌日にミョウバンがしっかりと溶けて水が透明になっているようなら大丈夫です。

これが原液となりますので、使う際には10倍から30倍ほどに薄めましょう。

 

まとめ

足の臭いを除去するなら、しっかりと洗うのがカギとなります。その際にはボディソープなどではなく、殺菌効果のある成分が含まれている石鹸を使うのがベストです。

 

それ以外なら、デオドラント効果のある柿渋エキスなどが含まれる石鹸を使う手段もあります。

そして、ミョウバン水を作りそれを足にスプレーしてみるのも1つの手です。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る